ペットのための花療法セッションのご案内

笑顔のコーギー

うちの子の幸せが、家族みんなの幸せ。

コロナ禍で働き方がテレワークになり在宅時間が増えたことで、動物を家族として迎える人がずいぶん増えたそうです。ペットのいる生活は、とてもとても幸せです。

ですが、終わりの見えない状況が私たちの心や身体に大きな影響を与えているのと同時に、一緒に暮らすペットたちにもその影響は及んでいます。
動物は同調性がとても高いので、私たちの状態をそのまま受け取ってしまいやすいのです。

最近ではペットのムダ吠えやムダ鳴き、トイレ以外でのお粗相、同居動物とのケンカなど、飼い主さんが困惑してしまうような行動を取るペットが増えてきています。
私自身も保護猫(キジ白の男の子)と暮らしていますが、やはりここ1年での行動や鳴き方などの変化を感じます。

ペットたちの “問題行動” は私たちを困らせようしているのではなく、どうしようもないストレスが表面化したもの。
うちの子たちのストレスの方が大問題です!

「大切な家族であるペットを癒したい。」
「こんな時だからこそ、家族みんなでもっと仲良く幸せに暮らしたい。」


そんな想いから、人だけでなく「ペットのための花療法セッション」を行うことにいたしました。

1930年代に英国のバッチ博士によって完成された花療法「バッチフラワーレメディ」は、ペットの性格や行動から推測する感情に当てはまるものを選んで飲ませることで、穏やかに心のバランスを整えるとともに身体の自然治癒力を高めていきます。

副作用や常習性がないため、身体の小さなペットにも安心してお使いいただけます。

花療法Feles・さよ

花療法については、こちらのページをご覧くださいね。

こんな子やこんな時におすすめです

  • 吠え続ける、鳴き続ける
  • 保護猫・保護犬のトラウマ解消に
  • トイレ以外のところで粗相をする
  • 同居動物とケンカばかりする
  • カミナリや病院をとても怖がる
  • 新しい子を迎える時、先住の子のフォローに
  • 病気療養中の心身のケアに(※)

※バッチフラワーレメディは自然治癒力を高めるものですが、病気やケガを治療するものではありません。かならず獣医さんの治療と併用してください。

花療法で癒されると…

  • ムダ吠え・ムダ鳴きが少なくなります。(※1)
  • 人間への不信感が信頼に変わります。
  • 心が安定し、ストレス行動が減っていきます。
  • 同居動物とも仲良く寄り添えるようになれます。
  • 新しい子を自然に受け入れやすくなります。
  • 闘病するためのエネルギーが湧いてきます。

※1:犬たちにとって “吠えること はコミュニケーションであり、意味があることです。「完全に吠えなくすること」を目指すのではなく、一緒に暮らす家族として「お互いにストレスがかからない状態にすること」をおすすめしております。
※2:長年のお悩みがあるペットは、心のバランスが整うまでにある程度の時間が必要となる場合があります。

ペットも心の状態に合わせて選ぶことが大切

動物へのバッチフラワーレメディの使い方は、私たち人間とまったく一緒です。
同じ状態や状況のペットに対して同じレメディを用いるのではなく、それぞれの子の心の状態に合わせて使うことで、より良い変容をもたらします。

一番近くで見守っている飼い主さんだけが知っているその子の性格や行動パターン、困っていることなど、なんでも教えてください。
あなたのおうちの子にピッタリなレメディを一緒に探していきましょう♪

【花療法Feles】猫とバッチフラワーレメディ

ご感想をいただきました

1年余り一緒に暮らしていて、こんなことは今までありませんでした。(ナラさん)

フラワーレメディを与え初めた翌日、私が座っているそばにナラの方から近付き、少しの間ちょこんと近くに座っていました。
1年余り一緒に暮らしていて、こんなことは今までありませんでした。

手をまだ怖がりはしますが、手を見てビクッとする反応が以前より少し和らいできている様子も。
あと、最近は私の方に背中を向けて毛づくろいをしたり座ったりすることが増え、ここのところ気を許してくれてるのかも、と感じています。
虐待によるトラウマは根強いようですが、もう少しフラワーレメディの力を借りて、ナラの心が軽くなってくれたら嬉しいと思います。

○どのような子にバッチフラワーレメディをおすすめしたいですか?
問題行動があったり、トラウマなど精神的な苦痛を抱えていたりする可能性のある子など。

大人しく部屋で待ってくれているようになり、びっくりでした!(ほまれさん)

ほまれさんの鳴き声で近隣トラブルもあり私自身も精神的にとても困り果てていた時にレメディに出会いました。
最初は動物病院で精神安定剤とサプリを併用しながらのレメディの使用でしたが、鳴くことは完全には治まりませんが、仕事中にペットカメラを確認すると自然と寝てくれている様子も伺えるようになり、今ではサプリとレメディだけになりました♪

また、今までは少しでも離れると烈火のごとく「どこにいくの!ねえ!」と言わんばかりにドアの前で吠えていましたが、トイレや歯磨き、お洗濯の時には大人しく部屋で待ってくれているようになり、びっくりでした!

また、すこし表情が落ち着いたね、雰囲気が落ち着いたね、と周りの方から言っていただけたり、「最近ほまれちゃんわんわんするの少なくなったね〜」と言って頂ける度、嬉しくてにこにこしてしまいます。
これからもほまれさんの気持ちに寄り添いながら、楽しいまいにちを送りたいです◎

○どのような子にバッチフラワーレメディをおすすめしたいですか?
ほまれさんと同じように、不安や何か原因があって起こしている行動が人間に理解して貰えない子が居たら、安心出来るように勧めてあげたいです。

飼い主さんがお写真を送ってくださいました。(サムさん)

【花療法Feles】ペットのための花療法

サムさんは同居ワンちゃんとギクシャクしていましたが、バッチフラワーレメディで仲良くひなたぼっこするまでになりました(

同居ワンちゃんもレメディを飲みました。
影響しあう相手(同居動物や飼い主さん家族など)がいる場合、双方にレメディをおすすめする場合があります。

※すべて個人のご感想であり、変化を保証するものではありません。

お申し込みからの流れ

1.下記お申し込みフォームよりお申し込みください。
【info@feles38.comからのメールが届くように受信設定をお願いいたします。

「ご希望日」は、終日対応が可能な日です。
時間帯によっては土日や他の日にちでも承れる場合もございますので、ご希望の方は時間帯を選んだ後、メッセージ欄にご希望日をご記入ください。
(とはいえご希望に添えない場合もありますので、その時はご了承くださいませ!)
2.48時間以内にご連絡いたします。
セッション日時のご相談~決定、お振込み先のご案内をさせていただきます。
お振込みの確認ができましたら、正式に受付完了となります。

また、セッションでペットの画像が必要になるため、事前に送付をお願いいたします。
※画像は「ペットだけが写っているもの」をご用意ください。
3.セッション日が近くなったら…
セッション日時の最終確認と、オンラインのURLをお知らせいたします。
4.当日はURLよりご入室ください。
あなたのおうちの子にピッタリなレメディを一緒に探していきましょう♪
【花療法Feles】ペットのセッション
花療法Felesの「Feles」は、ラテン語で「ねこ」って意味ニャンだって!

セッション開催日とメニュー

< 2021年10月の開催日 >

今月の開催は未定ですが、日時によってはご相談に応じることができるかもしれません。一度下記よりお問い合わせください。

< メニュー >

  • 【初回】オンライン(45分):6,500円(税込)
  • 【2回目以降】オンライン(30分):5,500円(税込)

はじめての方は、摂り方についての説明がありますので「【初回】(45分)」でお申し込みください。
★事前のお振り込みと、振り込み手数料のご負担をお願いしております。
セッションの延長はできかねますので、ご了承の上お申し込みください。

*****
◆約3週間~1か月お使いいただけるボトル(30ml)が1本付きます。
 
ボトルはセッション後すぐにお作りし、2営業日以内に発送いたします(送料無料)。

(※メニューや料金は、予告なく改定することがあります。あらかじめご了承ください。)

【花療法Feles】トリートメントボトル
左がミニボトル(10ml)、右が通常ボトル(30ml)
※ミニボトルは写真と異なる形のものに変更する場合がありますが、容量は変わりません。
わんこ
うさちゃん

お申し込みはこちらから

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お電話番号
    必須お住まい(ボトル送付先)

    郵便番号

    都道府県

    市区町村

    番地

    必須セッション形式
    必須ご希望日
    必須ご希望の時間帯
    必須ご希望のメニュー

    *すべてにボトルが1本が付きます。
    *ペットの対面はありません。

    ※ペットの場合:種類とお名前
    必須メッセージ




    *このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。